人にはなかなか言えない、デリケートゾーンのケアに関する悩み。
下着をこまめに替えたり、ナプキンやシートを使ってケアをしている方も、ムレやかゆみなどのトラブルに一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。
デリケートゾーンのケア方法は、人に言いたくても言えない微妙な話題です。そこで今回は、正しいデリケートゾーンのお手入れ方法を紹介したいと思います。

表面を洗うだけではきれいにならない

デリケートゾーンは、お風呂に入って汚いところを洗い流せばそれでOKと誤解していませんか?
実はそれだけでは、一時的にきれいになるのみで、理想的なケアではないのです。

毎日きれいにしているのにかゆみや臭いが起きてくるのは、肌をただ擦っているだけだから。
汚れを落としたつもりになっていても、実はそうではないのです。

女性の陰部は、見た目以上に複雑な構造をしています。表面を洗っても内側に垢が溜まったままだったり、
アンダーヘアに不着した汚れ、肛門まわりの洗い残しなど、目に見えない部分ならではの細かい汚れが溜まりやすいのです。
臭いやかゆみのケアには、陰部の内側まできちんと洗うことが大切。しかも、肌に刺激が強すぎないやさしい洗浄剤を使わなければなりません。

デリケートゾーンでやってはいけない行為

化粧水や乳液を付けて保湿をしようとしても、デリケートゾーンは皮膚がまぶたよりも薄いため、スキンケア製品に含まれる成分でヒリヒリとした痛みを感じる場合があります。
無添加や弱酸性のボディ用のローションやクリームでも、デリケートゾーンには痛くて使えない可能性があります。
市販のボディソープのような強い洗浄剤を使うと、肌に刺激が起きるだけでなく、かゆみなどの症状を引き起こす可能性も。

デリケートゾーンに使うスキンケアアイテムは皮膚に刺激がなく、潤いを与えてくれるアイテムを選びましょう。
全身用ではなく、デリケートゾーン専用の洗浄剤がもっとも安全・安心。敏感な部分に使うものですから、通常のスキンケア製品よりも肌にやさしい、天然の成分を使ったものがおすすめです。

嫌な臭いを消してくれるデリケートゾーン専用のスプレーなどもありますが、スプレーをしたからといってずっと臭いが消えるわけではありません。
分泌物や垢を放置しておけば、さらに臭いはひどくなります。本当に大切なのは、顔や手足の肌ケアと同じく、デリケートゾーンの肌についても清潔を保ち、きちんと潤いを与えてあげることです。

市販のボディソープやスキンケア製品から、デリケートゾーン用のものを選ぶのは大変です。デリケートゾーン用に開発された洗浄剤には、汚れを落としつつ肌ケアができる低刺激の保湿成分が含まれています。気になる臭いケアには、入浴時に安心して使える、デリケートゾーン用のアイテムを選びましょう。

おすすめはデリケートゾーンソープ

下半身の気になる臭いやかゆみには、赤ちゃんの肌にも使える天然成分でつくられたソープがおすすめ。
高級ブルガリア産ダマスクローズ水を使い、角質へ潤いをたっぷりと届けます。
さらに高い保湿力で肌にたっぷりと水分を与えるアロエベラ、ビタミンCやクエン酸の力で肌をなめらかに整えるキュウリエキス、乾燥から肌を保護するマロウなどの保湿成分を配合し、保湿力についても言うことなし。

紅茶でもおなじみのローズヒップで肌のキメを整え、さらにビタミンをプラス。
引き締め作用と乾燥から肌を守るエーデルワイスや、肌にハリを与えるエルダーフラワー、ビタミンCとフラボノイドをプラスするキイチゴも配合し、お肌を整えていきます。
洗浄成分には、ハーブの力でやさしく洗いあげるセージのほか、タンニンやサポニンの力で皮脂を落としてくれるハマリメス、肌荒れを防ぎながら整肌作用をもたらすサジーを配合しています。