女性の多くが抱える、デリケートゾーンの臭いの悩み。デリケートゾーンが蒸れてくると、同時に気になるものが嫌な臭いです。
生理期間中は、前後の数日を含め、もっとも臭いがきつくなる時期。おりものはケアできても、臭いまでは手が回らないという方も多いと思います。

デリケートゾーンは排泄器官でもあるので、ある程度の臭いは仕方がありませんが、あまりに強烈な臭いだと、まわりにももれているのではないかと不安になるものです。
なぜデリケートゾーンが臭うのか、原因について細かく見ていきましょう。

デリケートゾーンの臭いの元とは?

女性のデリケートゾーンは汗・おりもの・老廃物・経血・尿などのさまざまな原因により、常にそれらの臭いが混ざっています。
そもそも、女性のデリケートゾーンは男性に比べて複雑な構造をしており、凹凸箇所や入り組んだ部分が多く、汚れが溜まりやすい形状をしています。
加えて男性にはない「膣」という器官があり、そこから排出される経血やおりものなどの分泌物が、臭いの原因となっています。

単純に汗をかくだけでも雑菌は発生しますし、おりものなどの分泌物の量が増えると、さらに雑菌が増えて臭いが発生しやすくなります。
下着の交換などのケアを怠り、分泌物が付着したままにしていると、さらに酸化が進んで臭いが強くなるため注意が必要です。

そして、あまり知られてはいませんが、デリケートゾーンには「アポクリン腺」という汗腺が存在しています。
アポクリン腺はワキにも存在する汗腺で、非常に汗をかきやすく、同時にムレや臭いも発生させているのです。

手足にくらべて汗をよくかき、さらに体の中で一番分泌物の量が多い…。
これだけでも十分に臭いの元となるのですが、デリケートゾーンの臭いにはさらにもう一つ、「雑菌」が大きく関わっています。

デリケートゾーンの雑菌と臭いの関係

雑菌は空気中にも存在し、どこにでもいる細かい菌ですが、それらがデリケートゾーンで繁殖することによって臭い生み出しています。具体的には、黄色ブドウ球菌や真菌などが人間の出した汗や分泌物などのタンパク質を栄養源とし、数を増やしてアンモニアやインドールなどの臭い物質を作り出します。

デリケートゾーンは陰毛や下着などに挟まれ、高温多湿になりやすい場所です。一日中仕事などの活動をしていると、なかなかデリケートゾーンをケアする時間が取れず、長時間放置することもありますが、常に高温多湿な環境であるうえにエサとなるタンパク質がほぼ供給されているのですから、これ以上繁殖に最適な環境はありません。

女性だけに限らず、誰もが高齢になると「尿漏れ」を起こしやすくなりますが、この尿も雑菌たちにとっては格好の好物。ケア用のシートを装着していても、交換の回数が少ないと、シートに繁殖して臭いを放出します。尿自体にもアンモニア臭がありますから、雑菌が出すアンモニア物質と相まって、非常に強烈な臭いを発します。

デリケートゾーンは排泄器官であると同時に、人間の体の中でももっとも露出の少ない部分。
雑菌の数を少しでも減らすには、高温多湿な環境を改善したり、老廃物や分泌物をまめにケアする必要があるんです。
何もないところに突然臭いが出るわけではありません。すべてきちんとした理由があり、臭いの発生元となる環境が存在しているというわけですね。

デリケートゾーンにはさまざまなトラブルが起きる

臭いだけならまだしも、かゆみやかぶれなどの肌トラブルもよくみられます。
人によって差はありますが、顔や手足などに敏感肌やアレルギーがある方は、デリケートゾーンについても同じくかゆみが出やすいと言われています。
その場合はおりものシートの交換はまめに行い、夏場の汗ケアもこまめに行いましょう。

デリケートゾーンに出るかゆみの中でも、特に注意が必要なものが感染症です。
性病と呼ばれることもありますが、他者との性行為がなくても陰部が性病にかかるケースがあります。

痛みをともなうかゆみは、ブドウ球菌などデリケートゾーンに多く存在する細菌を原因とする感染症外陰炎や細菌性膣炎、
トリコモナス膣炎などの疾患の可能性があります。細菌による感染症は自力で完治させるのは難しく、一度はクリニックを受診する必要があります。

りものシートやナプキンをこまめに替えていても、体質やデリケートゾーンの状態によっては感染症にかかる可能性があります。
特に生理前後や生理中、その他の病気にかかっている間は体の抵抗力が落ちているので、感染症には十分に注意が必要です。

生理中は大量の経血で一杯になるデリケートゾーンは、細菌と上手に付き合っていかなければならない場所です。
面倒だからといって放置するのはいけませんが、神経質になりすぎても良くありません。

まずは、嫌な臭いがどこから生まれているのか、原因を知ることが大切です。
汗や老廃物だけでなく、雑菌が深く関わっていることを理解したうえで、洗浄や保湿など適切な肌ケアを重ねていきましょう。