家族や友だち同士でも、デリケートゾーンのケアについてはなかなか話題にすることができません。
臭いの話はできても、そこから一歩進んだ話になるとなかなか話す気持ちになれないものです。

とはいえ、デリケートゾーンはムレ・臭い・かゆみなどいろいろなトラブルが起きやすく、定期的にケアをしなければならない部分です。
決して手間をかけたい部分ではないのですが、臭いや汗などを放置しておくこともできません。
そこでここからは、デリケートゾーンの正しいケアの方法について、洗い方を中心に紹介したいと思います。

デリケートゾーンの洗い方

洗浄前のケア

デリケートゾーンの洗浄前には、陰毛を適度にカットしておくと良いでしょう。
陰毛をそのままにしていると、生理中の経血やおりものなどが付いて、そこに雑菌が繁殖する原因になります。
デリケートゾーンはただでさえムレやすい場所ですから、毛が密集する場所ほど雑菌が住みついていると考えてください。

デリケートゾーンの毛の処理

アンダーヘアを適度に減らしておくことで、雑菌を抑えつつ、洗浄もとてもスムーズになります。
特に生理前後のケアが楽になるのでオススメです。自分でカットできない場合は、アンダーヘア用のシェーバーを使うと安全です。

同時に、爪の状態もチェックしておきましょう。ネイルや付け爪などの長い爪はNGです。
陰部の中をひっかいたり、細かい傷をつけたり、デリケートゾーンの奥に指が届かず、洗い残しが出る可能性もあります。

ネイルはオフしておき、爪も短めに切って、尖った部分がないように平らにならしておくと安心ですよ。
また、アンダーヘア用のトリートメントを使うなどすると毛がごわごわしなくなります。

清潔にしていればいい訳ではない

「デリケートゾーンは常に清潔にしていればOK」と誤解されがちですが、臭いが気になるたびに洗浄したり、除菌をするわけにはいきません。
しかも、デリケートゾーンをゴシゴシ擦り洗いをしても、排泄物や分泌物は常に排出されていますから、拭き取りなどはあまり意味がないのです。

臭いを取ろうとして念入りに洗いたくなるのももっともですが、デリケートゾーンの皮膚は腕や脚など他の部位に比べて薄いので、ちょっとした刺激で肌が弱ってしまいます。
もともと弱い皮膚をさらにゴシゴシと擦り拭くと、肌に強い刺激を与え、肌のバリア機能を奪って乾燥をうながし、角質や老廃物が溜まりやすい状態にします。
こうなると肌の上には臭いや汚れがさらに蓄積し、何度拭き取っても汚れや臭いが取れないという悪循環に陥ってしまいます。

ボディソープなどで洗おうとすると、ヒリヒリとした痛みを感じる場合がありますが、
デリケートゾーンには皮膚だけでなくさらに薄い粘膜も存在しているため、洗浄力の強い石鹸などは肌に合わないのです。

浄剤はボディブラシやボディ用スポンジではなく、手に取るか柔らかい泡立てネットを使います。
女性のデリケートゾーンは粘膜など繊細な部分が多いため、ボディスポンジでは傷をつけたり、強い刺激になってしまう可能性があります。

泡の力でやさしく洗うのもポイントです。泡立てたからといってそのまま勢いに任せてゴシゴシ洗うのではなく、泡を取った指でマッサージするような気持ちで洗うのが正解です。
できるだけ泡の力だけで汚れを落とすようにし、陰毛から会陰、肛門まで前から後ろへ洗います。
後ろから前ではなく、排泄をする時と同じように前から後ろが基本です。

汚れや垢が溜まっていないか確認しながら落としていきましょう。
洗いおえたら、お湯やぬるま湯で丁寧にデリケートゾーン全体をすすぎます。泡が粘膜の間などに入り込んでそのまま残らないように、すすぎは丁寧に行いましょう。

もし、洗浄中に肌に合わないと感じたり、ヒリヒリとした痛みなどのトラブルが起きた場合は、すぐに使用を中止してください。
デリケートゾーンは皮膚がとても弱いので、お顔は普通肌で何の問題もないという方でも、デリケートゾーンには思わぬトラブルが出る場合があります。

体質にもよりますが、デリケートゾーンには強い洗浄剤は基本的に合いません。
どんなにやさしく洗ったつもりでも、後から痛みが出る場合がありますから、丁寧にお湯で流し、それ以上洗浄を続けないようにしましょう。

膣は完璧に洗浄しなくてもOK

デリケートゾーンを洗浄する際、膣については洗浄剤できれいに洗い流す必要はありません。
おりものや垢などが気になって、奥のほうまできれいさっぱりに洗浄する方も少なくありませんが、膣には細菌の侵入を防ぐ常在菌が住んでいます。

常在菌は膣内環境を弱酸性に保つ役割があり、細菌による病気にかからないよう、女性の体を守ってくれています。
そこに洗浄剤を使って洗い流してしまうと、弱酸性の環境が壊れ、思わぬトラブルに繋がる可能性も。

どうしても気になる場合は、お湯だけで洗うなどして対応しましょう。
生理中など、膣内をきれいに洗浄する必要があるときには、専用の膣内洗浄剤を使って洗うようにしてください。